早食いの弊害(-_-;)

『ゆっくりよく噛んで食べるという事が如何に大事か』

と言うお話。

341806

先日、

「食べるスピードが尋常じゃないほど速すぎる!!」

と、人からビックリした顔で指摘を受けたワタクシ。

普段から孤食が多い自分にとって、目から鱗の指摘でございました。

言われてみれば確かに、周りの人に比べて3倍ぐらいの速さで食べています。

意識して早食いしている訳では無く、自分では至って普通に食べているつもりですが。

子供の頃は一口30回噛めと、よく言われたもんです。

「飲み物を飲むときも、一旦口に含んで噛んでから飲め」とか。(唾液を混ぜる為)

今はせいぜい10回ぐらいしか噛んでませんけどね。

咀嚼回数が少ないと、色んな弊害があるようで…。

>>>早食いで早死に!そんなバカげた事が現実に起こっています!

>>>早食いは健康を害するリスク大!直した方がいい3つの理由

逆にちゃんと噛んでいれば、良い事だらけ。

①下痢の改善の第一歩となる(食べ物の消化・吸収によい)
②むし歯・歯周病・口臭・ドライマウスなどの予防
③がんや老化を予防する
④脳を刺激、活性化する
⑤ストレス解消と肥満、認知症などの予防、集中力を高める
⑥強いあごをつくる
下痢の改善相談室

ってまぁ、昔からよく噛んだ方が良いのは分かっているんですよ。

分かっちゃいるけど止められないんです。

すぐ忘れるというか。

ダイエットにも絶対効果的なはずなので、これをいい機会として

毎日食事をするたびに咀嚼回数30回を目指そうと心に決めました、ワタクシ。

いい歳なんで、いちいち健康に気を使っていかないとね…。

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加