恐ろしや縮毛矯正…(-_-;)

縮毛矯正の話。

純度120%、絵に描いたような“くせ毛野郎”のワタクシ。

床に抜け毛が落ちたならば、陰毛と区別がつかなくなる勢いのパーマっぷりです。

そんなくせ毛に心底嫌気の差したワタクシが、数年前まで(オッサンの分際で)愛用していた
縮毛矯正剤。その名も

『リファインストレート』。

アズスタイル 縮毛矯正剤 リファイン ストレートH 1回分 各80g

新品価格
¥2,786から
(2016/9/17 11:44時点)


自宅で縮毛矯正できると噂のアレです。

この商品、数年間に渡り使い続けてきた訳ですが…

去年と今年は全く使いませんでした。

というか、多分この先使うことはないと思います。

例年、梅雨から夏にかけてくせ毛が大ハッスルする季節でしたが、今は短いスパンでのセルフカットで、“くせ毛対策”をしていますので。

20日に一回は散髪するというパワープレイです。

>>>全員ハゲればいいのに(-_-;)

「そこまでするのなら、もう坊主にすれば良いだろ。」

と、思うかもしれませんが

「そんな事したら薄い頭が目立つ。」

という理由で坊主を断念するという……まぁ、複雑なお年頃な訳です。

で、この度縮毛矯正に関して、身の毛もよだつニュースがコチラ。

>>>ロレアルの縮毛矯正剤で脱毛、米国で10万人が集団訴訟

「ふんわりと絹のように滑らかな髪」とのうたい文句とは裏腹に脱毛を引き起こしたとして、利用者らが14日、米カリフォルニア州連邦裁判所に集団訴訟を起こした。(時事通信)

何ともおぞましい、縮毛矯正でハゲるという悲劇。

ワタクシ自身「こんな髪なら無いほうが絶対マシ」と散々思っていたクチですが、いざ本当に無くなるとなると、ソレはソレでキツいでしょうねぇ…。

セルフで縮毛矯正するっていうのは、やはりリスクが伴うモノだと認識しなければならないって事ですよ。

縮毛矯正剤には何かと注意書きが書かれていますが(地肌についてはならない、指定の時間以上放置してはならない等)、慣れてくるとフィーリングでやっちゃいますからね。

それでハゲたとしても、それは自己責任でしょうから…。ツラい話ですけど。

しかしくせ毛を真っ直ぐにしたいという思いは、どこの国でも同じなんですねぇ…。

なぜ人は『曲がっているとストレートにしたがり』、『真っ直ぐだとパーマをかける』のか?

良く考えてみれば不思議な話ですな…(-_-;)

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加