【おケツの痒み】そしてウォシュレットへ

おケツの痒みシリーズ

>>>相談しにくい体の悩み(中年の悲哀)(第一話)

>>>【おケツの痒み】スゴイ良さそうな薬を発見(第二話)

>>>【おケツの痒み】例の薬、早速効果を実感(第三話)

>>>【おケツの痒み】例の薬を使い続けた結果(第四話)

痔によるであろう肛門の痒みとの壮絶なバトルの日々。肛門を優しく扱う毎日。

DSCF3057

例のオシリアのお陰で、痒さに悩まされる日々から解放されたかに思われましたが…。

今現在もぶり返しております。

薬を使ったとき痒みは無くなるんですが、暫く使っていないとまた痒くなってきます。

やはりおケツを拭くときの拭き方に問題があるというか…

潔癖症ゆえ無意識に拭きすぎてしまっているのも一つの要因と思われますので。

満を持して、封印していたウォシュレットを解禁した次第でございます。

ウォシュレットって、使い方によると思うんですよ。

やりすぎると肛門に対して悪い影響しかないけど、適度に使えばきっとデリケートなケツにも良い効果がもたらされるのではと思う次第なので。

で、長いこと使ってなかったウォシュレットを念入りに掃除しました。

まず洗浄用の水を入れ換え、水が吹き出す部分を確認しました。

いや~、汚れてましたね。久しぶりに水吹き出し部分を覗いてみましたが…

目を覆うほどに凄まじい汚れっぷりでした(-_-;)

悠久の時を経てこびり付いたのでしょう。ウ○コがね。

写真撮ってやろうと思いましたけど、汚いんでやめました…。

もう、根こそぎ掃除してやりましたよ。

歯ブラシやら何やら使えるものは全部使って超念入りに。

トイレ掃除って、定期的にしないと絶対ダメだな…。と、改めて痛感しました。

でもお蔭で綺麗になりましたよ。

とりあえず、ウォシュレットも万全になったので…

効果的に使って、デリケートなケツ(略してデリケツ)もイイ感じにしていきたい所存です。

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加