新米に負けていない?低温製法米

この時期、薬のラブ(マツキヨ系ドラッグストア)で買う事が毎年ほぼ恒例行事と化している、

高知県産の新米

↓↓

今年も無事購入。

8月の時点で新米が買えるのは嬉しい限りです。

で、早速昨日から炊いていますが…

「今まで食べていた米と味がそれほど変わらないかな~」

というのが率直な感想。(^^A

ワタクシがバカ舌なのはさておいて。

子供の頃は、古米から新米に代わった時の味の変化に感激したもんですけどね。

どエライ味が違うもんだと。

でもこれは別に高知産の米が悪いって訳じゃなく…

多分コレが原因ではなかろうかと。

↓↓

低温製法で保存された米。

一昨日まで食べていたヤツ。

>>アイリスオーヤマの“ゆめぴりか”(低温製法米)

この“低温保存”が新米の味をキープし続けていたのかなと。

※ちなみに新米と並んで売られていたんだけど、新米より高い。

そう解釈する他ないという感じです。

いやー、とすればスゴイね。

古米でも新米の味をキープするっていうのは。

文明の利器?ってのは本当にスゴイ。(^^A

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加