【独身男の悲哀】帰省…帰省しなければ(-_-;)

アラフォー独身男が帰省するお話。

年に一回は帰省しないとイケないような気がしてならない、アラフォーのワタクシ。

前にもブログで書きましたが、親から「たまには顔を見せろ」と言われているからです。

>>>独身アラフォー男は帰省するのが憂鬱です

本当はどのツラ下げて帰ればいいのか分からないし、帰りたくないんです。

でも、ずーっと帰らないっていうのもアレだし。

なので、せめて年に一度は帰省しています。

で、この度連休が取れたので帰省する運びとなった次第ですが…

いやー、正直

超憂鬱(¬д¬A)

何が憂鬱って…

『結婚をせかされたり』『仕事の事を根掘り葉掘り聞かれる』っていうのも憂鬱ですけど…

一番憂鬱なのは『数年前に生命保険のセールスレディになった、実家にいる妹』の存在。

もうね……金の話しかしないんですよ(-_-;)

まぁ金っていうか保険の話なんですけどね。

ワタクシの今入っている保険を変えろと。

もっと金のかかる保険に

で、よく分からないんですが、たまに金を預けろと言ってきます。

「今300万円預ければ将来○○円になって返ってくるから!」

とかなんとか。

おいおい、こちとら貯金ゼロだってばよ…。

いやもう、とにかく金の話ばっかり。

セールスレディやる前は、金の話なんてしたことなかったのに。

自分も最初、「セールスレディになったんだから、こういう会話が増えるのは仕方ないか」と思っていましたが…。

まさか家族の間で金の話を執拗にされるっていうのが、こんなにも煩わしいモノだったとは思いもしませんでした。

今回の帰省でも、色々言われるでしょうね。保険の話、金の話…(-_-;)

でもまぁ、何が一番悪いのかって…

貯金ゼロであることを、未だにカミングアウトしていない自分が悪いんですけどね。

カミングアウトしてれば、金の話や結婚についても突っつかれる事はなくなるでしょうから。

今回の帰省で思い切って言っちゃおうかな…。

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加