帰省により得られた結論=親不孝者

帰省したお話。(若干鬱目)

憂鬱だった帰省を果たしてまいりました。

>>>【独身男の悲哀】帰省…帰省しなければ(-_-;)

短い日程ではありましたが、とりあえず顔を見せてきました。

予想通り両親からは仕事について執拗に聞かれ、保険セールスレディである妹からは、お高い保険プランを提示されましたが…。

なんとか凌いできましたよ。

というか、今回の帰省で少しだけカミングアウト出来ました。

『職を変えたこと』と『生活が苦しいこと』

を打ち明けた次第です。

(貯金ゼロ、パチンコ依存症になっていたとは言えず)

思っていたより、薄い反応でした。

ある程度察していたのかもしれません。

特に妹に生活苦の話をしたのが大きく、今後保険勧誘は無くなりそうです。

「自分の身の丈に合う、他の保険会社も検討させてくれ」

と言ったところ、あっさり理解してもらえました。

もっと文句を言われるもんだと思っていました。

最初から正直に打ち明けていればよかったですよ、ホント。

しかしアレですね…。

帰省する度につくづく思うのは、自らのふがいなさ(-_-;)

両親を喜ばせることは何一つ出来ず、妹の仕事の手助けをすることも出来ず。

なんにも出来ないまま、ただひたすら齢だけとり続けるという体たらく。

しかも現在貯金ゼロ。

ヘラヘラ生きている場合じゃないというのを思い知らされます。

まぁ、実家に帰るたびに思い知らされている訳ですが…。(そして数日で忘れる)

結婚は最早難しいでしょうが、

「少なくとも隠し事をする必要のない人生を送らなければ…」

と、改めて思った今回の帰省でございましたとさ。

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加