車の『A/Cボタン』の意味を今更知る

車の空調を操作する所に付いている『A/Cボタン』について。

今まで特に意識する事なく使っていたこのボタン。

「エアコン使うときに押すもんでしょ?」という漠然とした認識でしたが…。

dsc_0314

この度、とんでもない事実を知ってしまった次第です。

その事実とは…

・A/C…エアーコンプレッサーコンディショナーの略だった(それすら知らなかった)

・コレを使用すると、燃費が10~20%程度落ちる

・冷房・除湿したい時に使う

・暖房を入れたいときは不要

……

暖房を入れたいときは不要……!?

ま、まじっすか!?

知らんかったわ~。

今の今まで冬場でもA/Cボタン押しっぱなしだった可能性大。(アホ)

そもそも暖房なんてエンジンで暖められた空気を送風するだけなんで、A/Cボタンを押す必要性なんて全くないんですよね…。

でもワタクシ、

送風=A/CボタンOFF  冷暖房=A/CボタンON

って、勝手に決めつけておりましたので。

これは、冬場は相当燃費を損してますね。もし押しっぱなしだとしたら。(-_-;)

まぁ、燃費が落ちることぐらいは知っていましたが、10%以上も落ちているとは知りませんでしたよ。

あーあ、そうかぁ。。。

せめて今年の冬から、A/CボタンがちゃんとOFFになっているか気を付けないと…。

ついでに言うと、冷房はいくら寒くしても燃費の悪さは変わらないとのこと。

冷房を抑えるという事は、エンジンで暖められた空気を混ぜて送風しているだけなので、
燃費には影響しないとのことで。

し、知らんかった事ばっかり…(・・;)

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加