言いたい事も言えないこんな秋場所じゃ

大相撲秋場所、総括っ…!!の巻

近年稀に見るほどの“盛り下がる大相撲秋場所”も、ついに終わりましたねぇ。。。

でも、これだけ人気力士が休場したにもかかわらず、ずーっと満員御礼だったのはスゴイ。

ハンパじゃないっすね…。今の相撲人気は。

で、そんな盛り下がる今場所は結局、日馬富士が優勝。

まぁ予想通りの結果で。

独走ではなく優勝決定戦までもつれたんだから、少しは盛り上がって良かった。(^^A

(優勝インタビューのナイスジョークも良かった。)

他の注目力士の成績も、まぁまぁ予想通りかな~。

豪栄道も無事カド番脱出。

十両陥落危機だったオキオキオッキーこと隠岐の海の8勝7敗も予想通り。(苦笑)

たまには予想を裏切る成績を残してほしいんですけどね…。

もちろん、イイ意味での裏切りでね。

予想通りでなかったのは、照ノ富士の陥落。

まさかお照さんが関脇陥落とは…。

こちらも8勝7敗かと思ってましたが。(^^A

よっぽど状態が悪いのか…。

あー、そうそう。

良い力士を見つけましたよ。

三段目優勝の炎鵬。

>>>炎鵬3場所連続V 初土俵から史上5位の21連勝

デビューから負け知らずらしい。

しかも169cmで体重も100㎏無いらしい…。

あの細く見える石浦ですら120㎏(173cm)ですからねぇ。

これまた、楽しみな力士が出てきましたよ。

こんな盛り下がる秋場所でも、収穫があって良かった良かった。(^^A

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加