Unity。ハードディスクの肥やしになりそう…

『Unity』に興味を持ったオッサン……の巻。

『Unity』とは…

統合開発環境を内蔵し、複数のプラットホームに対応するゲームエンジンである。

ウェブプラグイン、デスクトッププラットフォーム、ゲーム機、携帯機器向けのコンピュータゲームを開発するために用いられ、100万人以上の開発者が利用している。

Unityは主にモバイルやブラウザゲーム製作に使用されるが、コンソールゲーム機およびPCにゲームをインストールすることもできる。

(Wikipediaより抜粋)

プログラミング言語に疎い素人でも割と簡単に3Dゲームが作れると、専らの噂。

面白そうじゃん!!

早速ワタクシ、食いつきました。

「こりゃあ、スマホ向けのゲームアプリでも作って一儲けできるんじゃない!?」

などと、ドキワクのテンションMAXで、いざ『Unity』をダウンロード&インストール!!

……

メチャクチャ時間がかかるな…。

しかも説明が全部英語。(-_-;)

幸いなことに、Unity関連の日本語サイトが山ほどあったので、それらを参考に無事インストール出来ましたが…。

(Unityの画面)

作成画面も全部英語表記か。。。

まぁとりあえず、初心者向けチュートリアルを見ながらゲームでも作ろうかな。

>>>はじめてのUnity

…と、思ったけど、、、

何だかスゴク面倒くさくなってきた。(笑)

最初はあんなに面白そうだと興味津々だったのに。

今やただ面倒くさいだけ。

なんだろうね…。

この異常なまでの熱しやすく冷めやすい性格は。

ヤバいな…。

コレは絶対に、

『インストールして一度もゲームを作らないままハードディスクの肥やしになるパターン』

だわ。

なんか最近このパターン多い。

「面白そう!!」

と思って買った本なのに、ほとんど読まずに放置とかね…

歳を取るたびに、そういう事が増えていっている気がする。(-_-;)

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加