ど素人が“服に付いた黒カビ”を取ってみた

普段着ている服に、もの凄いカビが生えているのを発見。

服の内側にビッシリと…。

DSCF3054

汚いな~(-_-;)(-_-;)(-_-;)

自称潔癖症なのに、『洗濯槽のワカメっぽいカビ』とか『エアコンのスゴ過ぎるカビ』とか…

そして今度は『服にビッシリ付いた黒カビ』ですよ。

…汚いオッサンじゃん、ただの。

目も当てられないほど汚いので、洗濯槽・エアコンに引き続き、服のカビもガッツリ落とすことにしました。

クリーニング店へ出さずに自力で。

【自宅でのカビ取りに必要なモノ】

・過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)
・オスバン(殺菌消毒剤)
・重層
・入れ物(バケツ的な)
・霧吹きボトル

これらを駆使すれば、頑固な黒カビも落ちるらしいですよ。

過炭酸ナトリウムは既にあるので、残りをドラッグストア&100均で買ってきました。

DSCF3102

オスバン、900円弱しました。

結構高い…。

っていうか、全部で1700円しましたよ。

普通にクリーニング店でカビを取ってもらうのと、どっちが安いのか微妙ですね…。

カビ取りのやり方は、ざっくりで以下の通り。

①【オスバン:水=10ml:250ml】 の割合で薄めて、霧吹きボトルに入れる。
②『①』をカビが生えた所にスプレーして、5~10分干す。
③洗浄液を作る【過炭酸ナトリウム:重層:湯=10g:10g:1リットル】※湯は50℃
④洗浄液と服を入れ物に入れて、もみ洗い。
⑤1時間放置
⑥カビが取れたのを確認出来たら、洗濯機で普通に洗濯。
⑦干した後、仕上げに①をカビが生えていた所にスプレー。

※④⑤は何度か繰り返さないと、なかなかカビは取れない。

詳しい説明は色んなサイトで既に書いてあるので、興味のある方はソチラをどうぞ。

>>>服のカビの取り方とは?自宅でできる強力3ステップ!(トレンドレビュー館)

>>>大切な服に付いてしまったカビを除去する方法を徹底解説! (WELQ)

で、上記手順でカビ取りした結果、最終的にこんな感じになりました。

DSCF3134

全く同じ場所を撮影しています。

…どうでしょうか。ちょっとカビが残ってますかね。

初めてやったにしては、良く取れたと自画自賛しております(^^A

でも、実はコレ…

もの凄く手間がかかったんです。

最初、④と⑤を何度繰り返しやっても全然落ちなかったんですよ。

なので、洗浄液の濃度をもの凄い濃くして、更に半日ほど放置してやりました。

色落ち覚悟で開き直って。

そうしたらソレが功を奏したみたいで、最終的に概ねカビを落とせた次第です。

素人が黒カビを落とすのは、やたら手間がかかるもんだと痛感しましたね…。

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加