低温製法米とは

DSCF1136

宮城県産のひとめぼれで、低温製法米なる米を購入。
15℃以下で保存されているから『低温製法米』とパッケージに書いてあります。


……製法、というより低温保存米ですね(^^A

冬に米を作るという、新たな技術を構築したのかと思いましたよ。一瞬。
いつもは主に地元産の米を買っていますが、今回はコレを購入です。
なぜ買ったかというと…

安かったから

5㎏が税別1280円。(だったような)
なかなか良いでしょ?
でも1つ不安要素がありました。

何年に収穫された米なのか、どこにも記載されてないって事(汗)

普通どこかに書いてあるんですけどね。(精米日は書いてありましたが)
低温で保存している事を売りにしている訳ですから、絶対新米ではないと思います。
仮に一昨年以前の米だとしたら、ちょっと嫌だな…。

まぁでも、実際食べてみたら古いコメ特有の匂いもせず、新米っぽい味がしました。
これが低温の成せる業かもしれません。

今の時期、古いお米でこれだけの味が保てるとは大したもんだな~
と、割と感心しました。

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加