嗚呼……罪深きは業務スーパーと底辺中年

「スーパーの食材を安く売りすぎだろ!!」

という記事を見かける昨今。

>>>倒産相次ぐ豆腐業界 「適正価格は一丁200円以上」と専門家が警鐘

>>>もやし業界「窮状」訴えに驚きの声 「今までが安すぎた」「値上げしていい」

今の安売りしている食品は、とっくに適正価格ではなくなっているとの内容で…。

物価が上昇しても価格が上昇しない漬物、ネギ、卵、ハム、酢なども”安すぎる”商品だと指摘、「申し訳ないが、消費者が一番悪い。解決方法は5回に1回でもいいから、いい商品を買うこと。いいものに手を伸ばす消費者がいることをスーパーの人にわかってもらわない限り、状況は改善しない」(AbemaTimes)

消費者が一番悪い

ごもっともだわ~。

その中でも特に、

『イイ齢して所得も低く貯金もないっていう、救いがたいオッサン

が、一番足を引っ張っていると思いますね…。

節約を大義名分にして、安いモノばかりを有り難がるという愚劣な習性。

ホント、イイ齢して惨めなもんだ…。(涙)

なのでワタクシ、最近は38円のもやしも買うようにしています。(^^A

(38円でも健全な価格とは言えないらしいですけど)

上記の記事を読んで以来、すっかりこういうのが買いづらくなった今日この頃です。

3回に1回は38円のを買ってます。まぁ、3回に2回は18円ですが…。(-_-;)

あと、ちょっと話はそれるけど、、、

「どうせもう、みんな忘れてるでしょ~。」

ってな感じで、シレッとブラジル産鶏肉を再販売する地元の業務スーパー。

(一時期停止していた)

まるで何事もなかったかのように。(笑)

本当に問題なければイイんですけどね…。

スポンサーリンク
ランキング参加中
ランキング参加中です!!
下記のいずれかをクリックして頂ければ、もれなくワタクシのやる気が出ます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加